PMIDとは?PubMedでの論文検索に役立てよう

2020年09月29日 | 論コラム

こちらでは、PMIDを使った簡単で実用的な論文の調べ方を紹介します。

 

PMIDとは


 

PMID(PubMed Unique Identifier)とは、PubMedが付与している各文献固有のID番号です。
いわば論文のマイナンバーのようなもので、パブメドアイディーと呼ばれています。

PubMedは、アメリカ国立衛生研究所内の国立医学図書館の一部署である国立生物工学情報センター(NCBI)が無料公開している、医学系雑誌の掲載記事検索データベース。
過去の収録データから最新情報まで、約3000万件を超える文献が検索できます。

誰でも無料で文献を検索でき、Free articleとブラウンの表示がある論文は無料で読むこともできますが、大半の論文は有料です。

PubMedでの検索から有料論文を入手するには海外の権利元サイトへ個人情報やカード番号の登録が必要です。それらが面倒、不安という方は、ぜひ論コレの利用をご検討ください。日本語案内でわかりやすく、会員登録がないのでストレスフリーで手続きできます。

下の図のように、PMIDは検索結果一覧(Summary形式)では各文献情報の下に6~8桁ほどの数字(下図の赤○部分)で表示されています。
引用文献などの場合も同様なので、すぐに確認できるでしょう。

PMIDはPubMedの検索画面で確認できます

すでに目的の文献のPMIDがわかっている場合は、検索画面でその番号を入力すれば一発でその論文にたどり着けるのでとても便利。
検索でヒットした論文を後からチェックしたり、他人と共有したりする時は、この番号さえメモしておけばよいのです。

 

PMIDを使った検索方法


 

PMIDを使った論文検索は、とても簡単です。
PubMedなら検索欄にそのまま入力するだけですし、論コレなら専用の入力欄が用意してあります。

論コレの文献検索画面

ここでは試しに、論コレの誕生日の数字を入力してみると……

論コレでPMID検索をした結果

一発で論文が表示されました。

論文のタイトルをメモしたり、URLをコピーしたりといった管理は面倒なもの。
論文検索には、ぜひPMIDを活用してください。

 

PMIDとPMCIDの違い


 

PMIDとよく似たものにPMCIDというものがあります。
このPMCIDは、発表から一定期間が経過してアーカイブ(保管)された論文に付与される番号で、PMCIDが付いた論文は無料で読めます。

PMID:PubMedが付与するID。数字のみで構成。 PMCID:PMCに保管された論文に付与されたID。PMC+数字。

PMC(PubMed Central)はPubMedと同じNCBIが管理する生物医学・生命科学のオンライン論文保管庫。
所蔵されている全論文が無料公開されています。

なお、PMCの文献も、最新の文献も、PubMedや論コレの検索で両方カバーできます。

 

その他に論文に付与されるIDや番号


 

DOI(Digital Object Identifier)


DOIとは、電子化文献(Digital Object)に付与される国際的な文献固有の識別番号。
一度付与されると変わることがなく、常に同じURLで論文にアクセスできる便利な仕組みです。
番号は国際DOI財団によって付与される「プレフィックス」と、ジャーナルによって付与される「サフィックス」がスラッシュで区切られて構成されています。

「https://doi.org/(DOIコード)」をブラウザに入力すれば、その論文の配布ページへダイレクトにアクセスできます。

 

NAID(NII論文ID)


日本の国立情報学研究所(NII)が運営する、日本語論文をメインとした学術情報データベース「CiNii」が独自に付与している論文IDです。
PMID同様にID検索によって、特定の文献を見つけることができます。

 

ORCID


こちらは余談ですが、論文ではなく研究者に割り振られる「研究者マイナンバー」にあたるIDです。
同姓同名や改姓に関係なく研究者を特定するために、2012年から運用されています。

複数の学術コミュニティ機関によって設立された「ORCID.org」によって管理され、登録された研究者には16桁の番号が付与されています。
URLで定義されていることもあり、DOIの研究者バージョンとも言えます。

「http://orcid.org/(研究者のORCID)」をブラウザに入力すればその研究者の論文が見つかります。

 

まとめ


 

 

  • PMIDはPubMedが付与する論文固有のID番号(数字のみ)。検索結果では各論文情報の下部で確認できる
  • PMCIDはアーカイブされたPubMed論文に付与された固有番号(PMC+数字)
  • DOIはURLに紐づけられた国際的な文献識別番号
  • 文献だけでなく研究者にもORCIDという識別番号が付与されている

 

学術論文にはさまざまなIDが割り振られています。
それぞれ、知っていればとても便利な使い方ができるので、ぜひ活用してください。

関連記事

癌の標準治療、民間療法、最新治療…各方法のメリット・デメリット

癌の標準治療、民間療法、最新治療…各方法のメリット・デメリット

癌(がん)には長らく、“不治の病”というイメージが定着していました。 今でも怖ろしい病気ですが、一方でたゆまぬ研究により、優れた治療法が日々開発されています。 そんな癌の治療法をいくつかの選択肢から決めるときは、がんの種類や進行度(ステージ)はもちろん、生活環境や将来のことも含めた総合的判断が重要。 そのため、事前に医師の説明を受け、治療についてよく理解したうえでの合意(インフォームド・コンセント)が推奨されています。 今回のコラムでは、そんな理解を助ける基礎知識として、各治療法の特徴やメリット、デメリットを紹介していきます。...

海外論文をダウンロードして読めるサイト3選

海外論文をダウンロードして読めるサイト3選

「海外論文をダウンロードして読みたい」 そんなとき使える3つのサイトを紹介します。 各サイトで特徴や強みが異なるので、自分に合ったサイトを決める参考にしてみてください。   Google Scholar(グーグルスカラー)   Googleが提供する学術文献検索エンジン。 無料で利用でき、世界中のさまざまな分野の査読論文、学位論文、学術書などが見つかります。 使い方も、通常のGoogle検索エンジンと同じようにキーワードを入力するだけ。...

海外の大麻(マリファナ)事情。医学論文から占う日本の今後

海外の大麻(マリファナ)事情。医学論文から占う日本の今後

日本では大麻が違法薬物とされており、栽培や所持は原則禁止です。 大麻取締法違反で芸能人が逮捕されるニュースは多く、最近だと伊勢谷友介さんや田口淳之介さんなどが記憶に新しいのではないでしょうか。 しかし海外に目を向けてみると、大麻をお酒やタバコのように楽しんだり、医療に活用したりする国も多くあります。 日本ではネガティブなイメージが定着しているのに、なぜ海外ではポジティブに扱われているのでしょうか? そこで今回は、 そもそも大麻とは 海外での大麻の扱われ方 大麻に関する医学論文...

【舌下免疫療法の口コミ体験談】半年間実践してみての効果や副作用

【舌下免疫療法の口コミ体験談】半年間実践してみての効果や副作用

花粉、ダニ、ハウスダスト…… これらへのアレルギー反応によって起こる鼻炎や痒みに、一年中悩まされている人は多くいます。 そんなアレルギー症状の克服に効果があるとされているのが、「舌下免疫療法」です。 「舌下免疫療法のおかげで重度の花粉症が改善した!」 という実績も多く、信頼できる治療法として知られています。 しかし、その一方で、 体質に合わず副作用が出てしまう それなりの期間とコストが発生する など、デメリットもないわけではありません。 初挑戦を考える人は、口コミや実際の声が気になるところでしょう。 というわけで今回は、...

卒論代行・レポート代行、違法以外の6つのやばい理由

卒論代行・レポート代行、違法以外の6つのやばい理由

大学生や院生をターゲットとして、卒論やレポートなどを代行するサービスがあるのをご存じでしょうか。 「卒論ダルいから代わりに誰かやってくれないかな」 多くの人が考えたことぐらいはあっても、あくまで願望に過ぎなかったでしょう。 しかし、「卒論代行」と検索すると複数の業者がヒット。 実際にサービスを利用してしまっている人もいるようです。 試験におけるカンニングや替え玉受験はニュースにもなる不正行為ですが、卒論代行に違法性やリスクはないのでしょうか。 今回は、卒論代行がやばいサービスなのかどうか、さまざまな観点から考えてみました。...