5G電波の健康被害はデマなのか?海外に論文あり

ついに5Gを使ったサービスが日本でも始まりました。 世界からも注目を集める5Gは、これまで以上に便利な社会を実現すると期待されています。   しかしその一方で、 5Gには発がん性がある 5Gが電磁過敏症を促進させる といった5Gが人体へ悪影響を及ぼす説があるのを知っていますか?   このコラムでは、5Gの健康被害について肯定否定それぞれの主張を見ていきます。   5Gとは   まずは5Gとはなにか簡単におさらいしておきましょう。 5Gとは第5世代移動通信システムのことで、4Gに続く新しい通信のかたちです。 5GのGはGeneration(世代)の頭文字をとっています。 5G通信では、高い周波数帯(日本では3.7GHz帯、4.5GHz帯、28GHz帯)を使うことで、以下の3つのメリットを持ち合わせます。 超高速・大容量 →4Gと比べて20倍 超低遅延 →通信タイムラグは4Gの10分の1 多数同時接続 →4Gの10倍となる、1平方キロメートルあたり100万台の同時接続が可能 5Gにより、リアルタイムに近いかたちでデータを送受信でき、くらしの利便性が劇的に向上すると予想されます。 たとえば、遠隔での治療や手術が可能になると、世界中どこにいても最先端の治療を受けられるようになります。 車は自動運転が主流になっていくでしょう。 さらに、自宅にいても高画質のVR映像によって、臨場感のあるスポーツ観戦やゲーム内での疑似体験を楽しめるように。 さまざまな分野に大きなプラスの影響を与えると言われています。   5Gによる健康被害とは   5G通信は私たちの生活に恩恵を与えると信じられていますが、その反面、深刻な欠点を指摘する声もあります。 冒頭で示したとおり、5Gには発がん性や電磁波過敏症の促進など、私たちの健康をおびやかす危険性があるというのです。 電磁過敏症は、電磁波を浴びることで体が過敏に反応し、頭痛やめまいなど様々な症状を引き起こす現代病のひとつです 背景にあるのはミリ波と呼ばれる高周波数帯の使用。 先ほど5Gで使われる高周波数帯を紹介しましたが、それらは以下のように細分化できます。 3.7GHz帯、4.5GHz帯   →Sub6と呼ばれる比較的低い周波数帯で、実質4Gの延長線上で使用できる 28GHz帯   →ミリ波と呼ばれ、Sub6と比較して非常に高い周波数帯 ※厳密には、ミリ波は通常30GHz~300GHz帯を指すが、近い数値なので28GHz帯もほとんどの場合ミリ波と呼ばれる ミリ波を使うことで、5Gの3つのメリットを実現するのに欠かせない、広大な帯域幅を確保できます。 一方でミリ波には、まっすぐ進みたがる、水分に弱いと言った性質があるので、障害物の多い街中や雨の日には弱まりやすいというデメリットも。 これを補うためには、5Gの電波をつなぐ小さな基地局がたくさん必要になります。 つまり5G社会においては、4Gより圧倒的に高いミリ波という電波が飛び交うだけでなく、基地局を増やすことで住宅との距離が縮まり、私たちはより多くの電波にさらされることになるのです。 高周波帯の電波を日常的に浴び続けることが、人体への悪影響を及ぼし、健康被害を引き起こす……。 5G電波の危険性がもし本当なら、寿命と引き換えに快適さを求めるような事態になりかねません。   5Gの健康被害はデマ、嘘という声も   5Gが人体に悪影響だと叫ばれる一方、それはネット上のデマや嘘に過ぎないという意見もあります。 たしかに、2018年にオランダで5Gの実験電波を飛ばしたら近くの公園にいた大量のムクドリが突然死したというニュースがSNSで拡散されましたが、のちにフェイクニュースだとわかった事件がありました。 また、5Gの電波が新型コロナウイルスを拡散させているという5G陰謀説なるものまであらわれましたが、WHOはこれを否定しています。 しかし、この5G陰謀説を信じる人々は世界中にいるようで、イギリスやオランダでは5Gの基地局が襲撃されるという事件にまで発展しました。 南米ペルーやボリビアでも、両国にはまだ5Gが導入されていないにもかかわらず、5G陰謀説を信じた人によって通信施設が破壊されたり、作業員が住民らに拘束されたりする事件が起きました。 このように、5Gについてはたくさんの根拠のないうわさやデマも存在し、それを盲目的に信じる人も後を絶ちません。 … Continue reading 5G電波の健康被害はデマなのか?海外に論文あり