MRも苦難の時代へ 自発的医療情報に課せられた制約とは

2020年06月06日 | 論コラム

MRとは
私たちが病気や怪我をした際に処方される【くすり】
くすりには様々な種類があり、それぞれに効果・用量・副作用などの正しい知識が必要となってきます。
正しい知識のもと私たちは安全に、より効果的なくすりを処方してもらうことができます。
ではくすりに関する情報はどのように入手されるのでしょうか。

実はくすりに関する情報の『提供・収集・伝達』などの役目を果たすため、医療機関と製薬企業との間の情報の担い手となっている人がいます。
それが『MR』(Medical Representatives)と呼ばれる製薬企業の社員です。


彼らの仕事は大きく3つあります。

①医療機関を訪問することにより、自社の医療用医薬品を中心とした医薬品およびその関連情報を医療関係者に提供し、適正な使用と普及を図ること。

②使用された医薬品の効き目や効果的な使い方・安全性情報(副作用など)を医療の現場から収集して報告すること

③医療現場から得られた情報を正しい形で医療関係者にフィードバックすること


こうしてMRから伝えられた情報をもとに医療関係者は、より効果があり安全性の高いくすりを処方することができます。

ガイドラインの変更に伴う情報規制

情報の担い手であるMRも、どんな情報でも提供していい訳ではありません。
製薬企業による不適切な情報提供活動がなくならないことを受け、2019年4月1日よりガイドラインが改定されました。
有効性を誇張するなど不適切なプロモーションをなくすことを目的とし、企業には監督部門の設置や業務記録の作成・保管などを義務付けています。
これによって、MRも提供できる情報に制限がかかり、特に未承認薬・適応外薬の情報提供については細かい条件を満たす必要があります。

こうした背景により、今までMRが面会に来た際に得られていた医学情報がコンプライアンス上、提供してもらえないということが出てきます。
特にPDFファイルでの文献提供は著作権管理や承認外の情報をMRの目に入れさせないよう、各製薬メーカーも取り扱いがシビアです。
ではどうやって医学情報を入手すればいいのでしょうか。


文献手配会社を利用する
医学情報といえば医療従事者の方であれば、医学論文を思い浮かべる方が多いと思います。
この医学論文を手配する代行会社があることをご存知でしょうか。
もちろん自分で探して文献を入手することも可能ですが、紙複写で文献を入手する場合、医学文献を保持している図書館を探し複写する必要があります。またPDFで入手する場合も販売している出版社を調べ、各出版社へ登録手続きを行い文献を入手しなければなりません。
必要な論文が多数ある場合はかなり煩わしさを感じることでしょう。

しかし文献手配会社を利用すると、一括で手配会社が代行するため注文後は納品を待つだけでとても手軽です。しかも情報の制限・納品方法の制限はありません。


また文献をPDFで取り寄せる場合、決済後最短15分で文献を入手することも可能です。
※出版社によってはお時間をいただく場合があります。

最後に
今回はMRの時代変化、情報提供に課せられた制約についてお話させていただきました。
時代とともに情報入手の方法も変化しています。
医学情報の入手手段の一つとして手配会社という存在があるということを認識していただければ幸いです。

関連記事

HPLC(液クロ)とは?分析メソッド開発経験者が原理を解説

HPLC(液クロ)とは?分析メソッド開発経験者が原理を解説

分析業界でよく聞くHPLC(液クロ)。 どんなものか正確に理解するのは、なかなか難しいのではないでしょうか。 今回は、製薬会社で多くの分析メソッドを開発してきた筆者が、分析未経験者に向けて「5分で分かるHPLC概論」をお届けします。 HPLCをおおまかに理解するための参考にしてみてください!   HPLC(液クロ)とは   HPLCとは、高速液体クロマトグラフィーを意味する“High Performance Liquid Chromatography”の略称。...

水素水の効果のエビデンスは?海外論文から探る

水素水の効果のエビデンスは?海外論文から探る

炭酸水やミネラルウォーターなど、近年、水に対する健康意識は高まっています。 水素水もそのひとつで、市販されているほか、水素水を作る機器も発売されています。 ただ、本当に水素水に効果があるのか、イマイチ確信が持てない人もいるでしょう。 そこで今回は、水素水の効果のエビデンス(科学的根拠)を示した海外論文をいくつか、論文入手サービスの『論コレ』よりご紹介します。   水素水の効果・効能   水素水が美容や健康に効果があるとされる最大の理由は、その「抗酸化力」にあります。...

癌の標準治療、民間療法、最新治療…各方法のメリット・デメリット

癌の標準治療、民間療法、最新治療…各方法のメリット・デメリット

癌(がん)には長らく、“不治の病”というイメージが定着していました。 今でも怖ろしい病気ですが、一方でたゆまぬ研究により、優れた治療法が日々開発されています。 そんな癌の治療法をいくつかの選択肢から決めるときは、がんの種類や進行度(ステージ)はもちろん、生活環境や将来のことも含めた総合的判断が重要。 そのため、事前に医師の説明を受け、治療についてよく理解したうえでの合意(インフォームド・コンセント)が推奨されています。 今回のコラムでは、そんな理解を助ける基礎知識として、各治療法の特徴やメリット、デメリットを紹介していきます。...

海外論文をダウンロードして読めるサイト3選

海外論文をダウンロードして読めるサイト3選

「海外論文をダウンロードして読みたい」 そんなとき使える3つのサイトを紹介します。 各サイトで特徴や強みが異なるので、自分に合ったサイトを決める参考にしてみてください。   Google Scholar(グーグルスカラー)   Googleが提供する学術文献検索エンジン。 無料で利用でき、世界中のさまざまな分野の査読論文、学位論文、学術書などが見つかります。 使い方も、通常のGoogle検索エンジンと同じようにキーワードを入力するだけ。...

海外の大麻(マリファナ)事情。医学論文から占う日本の今後

海外の大麻(マリファナ)事情。医学論文から占う日本の今後

日本では大麻が違法薬物とされており、栽培や所持は原則禁止です。 大麻取締法違反で芸能人が逮捕されるニュースは多く、最近だと伊勢谷友介さんや田口淳之介さんなどが記憶に新しいのではないでしょうか。 しかし海外に目を向けてみると、大麻をお酒やタバコのように楽しんだり、医療に活用したりする国も多くあります。 日本ではネガティブなイメージが定着しているのに、なぜ海外ではポジティブに扱われているのでしょうか? そこで今回は、 そもそも大麻とは 海外での大麻の扱われ方 大麻に関する医学論文...