文献サービスを利用するメリット

2020年06月06日 | 論コラム

医学論文も電子化へ

 

近年電子化が進み、本や漫画もスマートフォンやタブレットで読む時代となりました。
電子書籍のおかげで、私たちはいつでもどこでも好きなときに読むことができ、タブレットやスマートフォンがあればどこでも持ち運ぶことができます。
そんな中、医学論文も電子媒体を選ばれる方が急激に増加したように思います。
その利用方法は様々で、『移動中に読みたい』『場所をとらずに文献を保管したい』など多岐に渡ります。
ただその一方で入手方法についてよく分からないと思われている方が多いのが現実です。
今回はそんな医学論文をPDFで読むメリットとは、そして入手方法についてご説明します。

 

 

PDFで医学論文を読むメリットとは

 

 

電子媒体が普及しているとはいえ具体的にPDFで文献を読むメリットとは何でしょうか。
いくつか実際に紙で入手した場合と比較しながら考えていきたいと思います。

メリット1  管理しやすい
紙で文献を入手した場合、保管場所に困ることがあります。
しかしPDFの場合、保管場所に困ることも無く、著作権の許可を取れれば、複数人で共有することも可能です。

メリット2  PDF内の文字検索が可能
自分が必要としているキーワードが書かれている部分を探すために最初から最後まで論文を読むのは大変です。
しかしこれがPDFファイルの場合検索機能があるため、自分が読みたい・調べたいキーワードを検索し、必要な情報を簡単に見つけて
ピンポイントで読むことができます。なかには100頁を超えるような論文もありますので、かなりの時間短縮になります。
※検索機能は海外論文のテキストファイルの場合になります。

メリット3  翻訳機能が使える
医学論文は日本語のものもありますが、大多数は英語、もしくはその他の言語で出版されています。
論文を医療従事者の方だけではなく、現在治療を受けられている患者さんやそのご家族など、様々な方が手にする可能性があると考えた場合、一般の方がいきなり英語の論文を読むのは少しハードルが高いように感じます。
紙で入手した論文を翻訳にかけることもできますが、時間と料金が別でかかってくるため、折角論文を入手しても翻訳が出来上がるまで読むことができない、ということもあります。
しかし、テキストファイル形式で販売されているPDFであればそのまま翻訳をかけることができるため、英語の論文であっても誰でもすぐに論文を読むことが可能です。

 

 

医学論文をPDFで入手するには

 

 

文献をPDFで読むメリットについていくつかお話させていただきました。
では実際に取り寄せるにはどのような方法があるのか見ていきたいと思います。

文献を個人で購入する

海外の医学論文をPDFで入手したい場合、まず販売している出版社を確認する必要があります。
その上で、クレジット決済や会員登録などを行い文献を入手する必要があります。
海外出版社のため、もちろん全て英語です。
これが1論文ではさほど手間ではないと感じられるかもしれませんが、3件4件と件数が増えた場合にはそれぞれ各出版社での登録手続きが必要となる為、その分時間も手間もかかってきますので、面倒だと感じられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

論コレを利用することで一括入手が可能!

 

 

個人で入手する場合にお伝えした煩わしさは論コレを利用することで一気に解決します。
論コレへの登録作業は必要なく、入手したい文献をまとめて依頼をすれば、文献手配会社が手続きを代行し、異なる出版社の文献もまとめて購入・納品します。

 

 

入手の費用として、実費のほかに手数料は必要ですが、異なる出版社の文献をまとめて依頼することができるのと、出版社への問合せも代行してもらえるとなるとメリットは大きいと思います。
しかも決済後最短15分で文献を入手することも可能です。

 

 

 

  個人で入手の場合 論コレで入手の場合
登録 各出版社サイトに毎に登録が必要 登録の必要なし
料金 出版社で販売している実費料金 実費+手数料
納品 各出版社サイトより購入・納品 まとめて論コレから納品
問合せ 出版社へ個人で問合せ 論コレが代行

 

 

 

 

最後に

 

 

今回はPDFで論文を読むメリットと入手方法についてご説明しました。
インターネットの発展により、私たちは世界中の論文をいつでも簡単に入手できるようになりました。
今後医学論文は、医療従事者だけでなく一般の方も身近に読める新しい情報ツールとして更に活用されていくと思います。
そして、弊社が提供するPDFファイルが一人でも多くの方のお役に立てることを願っております。

関連記事

HPLC(液クロ)とは?分析メソッド開発経験者が原理を解説

HPLC(液クロ)とは?分析メソッド開発経験者が原理を解説

分析業界でよく聞くHPLC(液クロ)。 どんなものか正確に理解するのは、なかなか難しいのではないでしょうか。 今回は、製薬会社で多くの分析メソッドを開発してきた筆者が、分析未経験者に向けて「5分で分かるHPLC概論」をお届けします。 HPLCをおおまかに理解するための参考にしてみてください!   HPLC(液クロ)とは   HPLCとは、高速液体クロマトグラフィーを意味する“High Performance Liquid Chromatography”の略称。...

水素水の効果のエビデンスは?海外論文から探る

水素水の効果のエビデンスは?海外論文から探る

炭酸水やミネラルウォーターなど、近年、水に対する健康意識は高まっています。 水素水もそのひとつで、市販されているほか、水素水を作る機器も発売されています。 ただ、本当に水素水に効果があるのか、イマイチ確信が持てない人もいるでしょう。 そこで今回は、水素水の効果のエビデンス(科学的根拠)を示した海外論文をいくつか、論文入手サービスの『論コレ』よりご紹介します。   水素水の効果・効能   水素水が美容や健康に効果があるとされる最大の理由は、その「抗酸化力」にあります。...

癌の標準治療、民間療法、最新治療…各方法のメリット・デメリット

癌の標準治療、民間療法、最新治療…各方法のメリット・デメリット

癌(がん)には長らく、“不治の病”というイメージが定着していました。 今でも怖ろしい病気ですが、一方でたゆまぬ研究により、優れた治療法が日々開発されています。 そんな癌の治療法をいくつかの選択肢から決めるときは、がんの種類や進行度(ステージ)はもちろん、生活環境や将来のことも含めた総合的判断が重要。 そのため、事前に医師の説明を受け、治療についてよく理解したうえでの合意(インフォームド・コンセント)が推奨されています。 今回のコラムでは、そんな理解を助ける基礎知識として、各治療法の特徴やメリット、デメリットを紹介していきます。...

海外論文をダウンロードして読めるサイト3選

海外論文をダウンロードして読めるサイト3選

「海外論文をダウンロードして読みたい」 そんなとき使える3つのサイトを紹介します。 各サイトで特徴や強みが異なるので、自分に合ったサイトを決める参考にしてみてください。   Google Scholar(グーグルスカラー)   Googleが提供する学術文献検索エンジン。 無料で利用でき、世界中のさまざまな分野の査読論文、学位論文、学術書などが見つかります。 使い方も、通常のGoogle検索エンジンと同じようにキーワードを入力するだけ。...

海外の大麻(マリファナ)事情。医学論文から占う日本の今後

海外の大麻(マリファナ)事情。医学論文から占う日本の今後

日本では大麻が違法薬物とされており、栽培や所持は原則禁止です。 大麻取締法違反で芸能人が逮捕されるニュースは多く、最近だと伊勢谷友介さんや田口淳之介さんなどが記憶に新しいのではないでしょうか。 しかし海外に目を向けてみると、大麻をお酒やタバコのように楽しんだり、医療に活用したりする国も多くあります。 日本ではネガティブなイメージが定着しているのに、なぜ海外ではポジティブに扱われているのでしょうか? そこで今回は、 そもそも大麻とは 海外での大麻の扱われ方 大麻に関する医学論文...