医療裁判を行うなら医学論文を集めよう

2020年06月06日 | 論コラム

医療裁判と医学論文
医療事件において、まず弁護士が行う作業は有用な医学論文を収集することといわれています。
なぜなら、案件に関する医学的知識が必要となるからです。
基本的な知識がなければ過失があったのか、また適切な治療を施したが避けられなかったのか判断をすることはできません。
もちろん文献情報だけで結論を出すことができるわけではありませんが、協力医の意見を得るにしても適切な質問をし、正確な事案の見通しを立てるためにも一定レベルの知識が必要不可欠となってきます。

今回は医療裁判に焦点をあてながら、論文の入手方法についてお話していきます。

医療文献は治療法の根拠となる理由
どうして医学論文が治療法の根拠となるのでしょうか。
そもそも医学論文は医療従事者によって書かれ、日々行われている臨床研修の結果が書かれています。
研究→発表→医療の発展というように、常に最新の研修内容をアップデートしていき、全世界で治療の可能性を共有し、正確に研究結果を伝えるために必要不可欠なものです。
例えば、死亡例は低いが、ごく稀に重篤な副作用があった場合、論文を公表しなければその場に立ち会った人間以外は知りえないことですが、情報を公開すればその稀に起こる最悪な事態にも世界の医療機関が対処できるようになります。
いわば論文はエビデンスに基づいた資料と言えるのです。

医療裁判での論文活用
実際に医療裁判ではどのように医学論文が活用されているのでしょうか。
基本的な知識を入手するのであれば、成書(医学に関する教科書のようなもの)を読むという方法があります。成書は標準的な内容が掲載されているため分かりやすく、比較的入手がしやすいです。
しかし、過失の有無や診療行為・結果の因果関係を法的な観点から整理するには不十分なため、医学論文を読む必要があります。

医学論文には原著論文・総説・症例報告があり、文献が作成された時期に注意をする必要はありますが、様々な文献を比較対照しながら整理することが可能です。

海外論文はPDFでの入手がおすすめ!
海外の医学論文を入手するのであればPDFデータで入手することをお勧めします。文献手配会社では海外出版社が販売しているPDFを代行で取り寄せることが可能です。
PDFで文献を受け取るメリットは計りしれません。
1、入手までのスピードが早い
2、保管場所に困らず管理がしやすい
3、PDF内の文字検索が可能 ※一部非対応
4、翻訳機能が使える ※テキストファイルのみ
5、supplemental date(補足資料)が入手できる
など、メリットは明白です。また手持ちのタブレットやパソコンで持ち運びができることも大きなメリットとなります。
限られた時間の中で証拠価値が高い論文を探し出すためにも、文献手配会社の利用も視野にいれてみてはいかがでしょうか。

関連記事

HPLC(液クロ)とは?分析メソッド開発経験者が原理を解説

HPLC(液クロ)とは?分析メソッド開発経験者が原理を解説

分析業界でよく聞くHPLC(液クロ)。 どんなものか正確に理解するのは、なかなか難しいのではないでしょうか。 今回は、製薬会社で多くの分析メソッドを開発してきた筆者が、分析未経験者に向けて「5分で分かるHPLC概論」をお届けします。 HPLCをおおまかに理解するための参考にしてみてください!   HPLC(液クロ)とは   HPLCとは、高速液体クロマトグラフィーを意味する“High Performance Liquid Chromatography”の略称。...

水素水の効果のエビデンスは?海外論文から探る

水素水の効果のエビデンスは?海外論文から探る

炭酸水やミネラルウォーターなど、近年、水に対する健康意識は高まっています。 水素水もそのひとつで、市販されているほか、水素水を作る機器も発売されています。 ただ、本当に水素水に効果があるのか、イマイチ確信が持てない人もいるでしょう。 そこで今回は、水素水の効果のエビデンス(科学的根拠)を示した海外論文をいくつか、論文入手サービスの『論コレ』よりご紹介します。   水素水の効果・効能   水素水が美容や健康に効果があるとされる最大の理由は、その「抗酸化力」にあります。...

癌の標準治療、民間療法、最新治療…各方法のメリット・デメリット

癌の標準治療、民間療法、最新治療…各方法のメリット・デメリット

癌(がん)には長らく、“不治の病”というイメージが定着していました。 今でも怖ろしい病気ですが、一方でたゆまぬ研究により、優れた治療法が日々開発されています。 そんな癌の治療法をいくつかの選択肢から決めるときは、がんの種類や進行度(ステージ)はもちろん、生活環境や将来のことも含めた総合的判断が重要。 そのため、事前に医師の説明を受け、治療についてよく理解したうえでの合意(インフォームド・コンセント)が推奨されています。 今回のコラムでは、そんな理解を助ける基礎知識として、各治療法の特徴やメリット、デメリットを紹介していきます。...

海外論文をダウンロードして読めるサイト3選

海外論文をダウンロードして読めるサイト3選

「海外論文をダウンロードして読みたい」 そんなとき使える3つのサイトを紹介します。 各サイトで特徴や強みが異なるので、自分に合ったサイトを決める参考にしてみてください。   Google Scholar(グーグルスカラー)   Googleが提供する学術文献検索エンジン。 無料で利用でき、世界中のさまざまな分野の査読論文、学位論文、学術書などが見つかります。 使い方も、通常のGoogle検索エンジンと同じようにキーワードを入力するだけ。...

海外の大麻(マリファナ)事情。医学論文から占う日本の今後

海外の大麻(マリファナ)事情。医学論文から占う日本の今後

日本では大麻が違法薬物とされており、栽培や所持は原則禁止です。 大麻取締法違反で芸能人が逮捕されるニュースは多く、最近だと伊勢谷友介さんや田口淳之介さんなどが記憶に新しいのではないでしょうか。 しかし海外に目を向けてみると、大麻をお酒やタバコのように楽しんだり、医療に活用したりする国も多くあります。 日本ではネガティブなイメージが定着しているのに、なぜ海外ではポジティブに扱われているのでしょうか? そこで今回は、 そもそも大麻とは 海外での大麻の扱われ方 大麻に関する医学論文...